札幌の瞑想教室 アトリエスイレン ロゴマーク
瞑想教室オーナー プロフィール写真
睡蓮の花
瞑想の風景
札幌の瞑想教室 アトリエスイレン 窓辺の風景
     · 

    続けられる人は強い。

    前回の瞑想コラムからすっかり時間が空いてしまいました。
    しばらくブログやコラムを更新しないと友人知人より「元気?」「どうしてるのかと思った」と聞かれることも(特にこのご時世だしね・・・)


    わたしは元気でやってます。
    緊急事態宣言が出されたため、しばらくアトリエでの対面セッションは当面お休み。ただいまオンラインでのセッションのみ行っています。

    娘が高校入学のお祝いに・・・ということで札幌市内の新入生に石屋製菓から白い恋人が贈られました。
    家族で食べましたよ〜ありがとうございます!

    このご時世。
    果たして瞑想がどれだけの人から必要とされるのかな・・・と思ったりしたのですが。
    逆に今だからこそ瞑想を求める声があります。

    確かに、

    家でできる
    不安や恐れを手放して、心に平安をもたらす
    溢れかえる情報に振り回されず、自分の軸を持つことができる
    冷静でいられる

    これからの真新しい時代に向けて必要な直感を磨くことができる

    そしてなんとかなるさ、と思える(笑)

    瞑想って今必要なこと。
    それを直感的に感じてくれる人が出てきているのです。


    わたしも、こういう時に瞑想って本領発揮されるものなのか・・・と強く感じています。

     

    日々この瞑想をしてる人はわかると思うのですが。

    瞑想は基本、地味〜な作業の積み重ねです。
    1日や2日で結果の出ないことを何年も何年もただひたすらコツコツ積み重ね。
    はなばなしい体験も、派手な出来事も思うほどはなく。ただコツコツと。

    実際、それがつまらなくてやめてしまう人、新しい体験を求めて別のことを始める人だって多い。


    ただ、この地味な作業の積み重ねが、情報に振り回されない芯の強さ、
    自分の弱さを認め、乗り越えていけるしなやかな心、
    臨機応変に変化していける柔軟性。精神力の強さを少しずつ育てていってくれるのです。

     

    なかには瞑想続けていても日常に変化がない〜〜という人もいると思いますが、
    こういう時に、ふと、自分の内側に強さが養われているのに気づく(はず)です。

    たとえ地味なことでも、これ!と思って続けられる人は強いです。
    続けるという行為が人に強さと自信を与えてくれます。
    それが内側を養う瞑想ならなおさら!


    瞑想を日課にしてる人、どうぞコツコツ続けていってください。

    今こそ恩恵を受け取れているのに気づけると思います。

     


    今あふれている情報の多くは瞑想中の雑念と一緒です。
    手放して、自分の内側にいてください。



    ・・・あ、あと、大事なことを。
    家にいる時間が長いからといって長時間瞑想しすぎないようにしてくださいね!
    この瞑想は1日2回。瞑想時間は30分が基本です。

    家にいる時間が長く、あまり動かないのでやりすぎるとさらに代謝が戻りにくくなります。


    その辺はぜひとも気をつけてくださいね〜



    瞑想はあなたのいちばんの味方です。

    アトリエスイレンでは、ただいまスカイプやzoomを使って瞑想のセッションを

    行なっています。


    サボりがちな人、瞑想忘れちゃった!という人(笑)
    一緒に瞑想したい人など要望がありましたらぜひ♪

    (2020年4月現在・対面はしばらくお休みになります)


    バイブレーションを交換しあいましょう♪