伝授について
コアオブライフ・その他

撮影:emi

プロフィール

開本 奈都子(ひらきもと なつこ)

1975年生まれ かに座 

生まれも育ちも札幌。だんなさんと中学生のムスメ、そして柴犬♀と暮らしています。

子どもの頃から、自分って何だろう?なんで生まれてきたんだろう?
という強い想いを抱えて生きてきました。敏感で周囲の感情を自分のように強く感じ取り、かなり生きづらい幼少時代でした。常に居心地の悪さを感じて、どこかで自分の居場所を探し求めていました。

幼少時はいわゆるネクラ(笑)まったく子どもらしくなく、暗い幼少時代でした。

人とどう関わればいいか分からなくて、内心オドオド。試行錯誤ばかりでした。

 

22歳で結婚。友だちの中では早い結婚でした。とてもしあわせなはずなのに、働きながら旅行に行ったり遊んだりして私生活を充実させている友だちに勝手においてけぼりにされたみたいに感じて焦ったりしてました。

 

(今思うと、何かにつけ理由を付けて不安になりたかったんだと思います。きっとどんな状況でも誰かなにかと比較して不安になったり焦っていたと思う)


20代半ばに突然母を亡くしてから生きることについてもっと真摯に向き合いたいと思うようになりました。29歳でムスメを出産。
その後、育児など雑務に追われ、心身ともに余裕をなくして苦しい想いをして自分探しをしていた時期に2007年フルフィルメント瞑想に出会いました。

 

瞑想は自分に還る時間。育児で余裕のなかったわたしにとってかけがえのないものになりました。
日常のあれこれは誰かのためにすることがほとんど。だけど、瞑想は本当に自分のためにすること。

自分のために、瞑想を続けよう。そう思い続けてきました。

 

続けていくうち、疲れが取れてスッキリするし、クヨクヨモヤモヤしていたことも瞑想が終われば「ま、いっか〜」と鷹揚になれるし。
会う人会う人に「雰囲気やさしくなったね」「かわいくなったね」って言われるし。
他の人や仲間たち、生きもの、あらゆるものごとを前よりやわらかく深く見つめられるようになりました。そして何より、30数年生きてきていつも漠然と感じていた不安がなくなっているのに気がつきました。かなり
生きるのがラクになりました。

 

ムスメが生まれてから続いたスピリチュアルジプシーも瞑想で終わりました(笑)

 

そんなこんなで瞑想が好きで面白くて休まず続けていたら、その流れで2013年春、フルフィルメント瞑想公認教師になりました。

2013年5月より札幌市中央区、北海道神宮近くでアトリエ・スイレンをオープン。

多くの方に瞑想をお伝えしております。

 

わたしがお伝えしているのは「瞑想をしつつ人生をどれだけ深く濃くめいっぱい楽しく過ごすか」ということ。

そして「ひとりひとりの中にある『これだ!』っていう感覚。そのフィットする感覚を思い出す」ことです。

外側の情報に答えはありません。誰もあなたの正解を知りません。自分の中にある正解を見つけていきましょう!

 

 

2015年6月ボブフィックスWS in 札幌を平岸の瞑想空間さんと合同主催。

 

 

2016年秋、父と祖母が亡くなり、また新たな局面を迎えました。

2017年祖父の介護をしながら11月、気持ちをあらたにアトリエスイレン再出発。従来の瞑想も取り入れながらELM瞑想(旧フルフィルメント瞑想)を教えています。

 

 

2018年3月ボブフィックスWS in 札幌主催予定です。

 

 

どうぞよろしくお願いします☆


 

 

 

   ELM瞑想(旧フルフィルメント瞑想)公認教師
   タイリシヨガインストラクター

blog * TENTHOUSANDTHINGS

子どもや柴犬、祖父やその他さまざまな人との関わりの中で日々の気づき、生きるということについて書いてます。もちろん瞑想会のお知らせも。

旅するように生きる。それがモットーのなつこの個人的ブログ***

 

(瞑想専用のコラムは近日中に開設予定です!)

札幌*ELM瞑想(旧フルフィルメント瞑想)アトリエ・スイレン TENTHOUSANDTHINGS

瞑想が好き、瞑想って楽しいという人たちに支えられて (水, 09 5月 2018)
>> 続きを読む

ボブツアー2018、ふたたび。 (木, 03 5月 2018)
>> 続きを読む

わたしはわたし (水, 25 4月 2018)
>> 続きを読む

column * 書を捨てよ、目を瞑(つむ)ろう

新しいELM瞑想について。瞑想って?瞑想するとどんないいことあるの?
瞑想とともに人生を楽しく生きるなつこの瞑想コラム。

 

書を捨てよ、目を瞑(つむ)ろう