札幌の瞑想教室 アトリエスイレン ロゴマーク
瞑想教室オーナー プロフィール写真
睡蓮の花
瞑想の風景
札幌の瞑想教室 アトリエスイレン 窓辺の風景
     · 

    瞑想をはじめたきっかけ その1

    これは少し前にアメブロで瞑想をはじめたきっかけというテーマで書きはじめたものです。

    途中で止まってしまっていたのですが、多少手直しして瞑想コラムに載せ、これからその続きも書いていきたいと思います。

     

    興味のある方お付き合いください☆

     

    ***

    瞑想はじめる少し前、ムスメが1~2歳くらいの頃から、某ミステリーを学ぶ学校(笑)とご縁ができて、自らもヒーリングを受けながら、ヒーリングやチャネリング、エネルギーを降ろすなど、かなり魔法チックなことを学んでいました。

     

    個性的な仲間たちにも恵まれ、一緒に勉強会したり学んだりイベントに出たり。今から思うと、なかなかエキサイティングな時期でした。

    そのうち、ムスメを早くに預けて、これを仕事にしよう!と思うようになりました。

    そのためには、東京に定期的に通って、学びを深めたい。あんなこともこんなことも本格的に学びたい、がんがん学びたい・・・

    実際子どもがいながらそういう風に学びを深め、札幌で活躍している人たちを見ながら、わたしもそんなふうにできたらなんて、真剣に考えはじめていました。

     

    (ちなみに、その頃、仲間の中にTM瞑想を実践してる人が数人いましたが、「わたしは絶対ムリ!瞑想なんかできない~!」って公言してました(笑)その1年以内に瞑想に出会ってどっぷりはまるとは誰が思ったでしょうか。。。)

     

    そんなあるとき、とあるイベントでオーラリーディングをしてくださる、という方に診てもらいました。

    イベントではかなり有名な方で、その方の前にはいつも長蛇の列ができていました。

     

    その方はわたしを目の前にするなり、

    「何か学ぶって出てるわね」とひとこと。

     

    何も言ってないのにすごいな~と思っていると、

    「あなた、外に求めてもそこに答えはないわよ」

    ときっぱり。

     

    「あなたが求めているもの、表現したいものは内側にしかないのよ。

    ハートを開いて、そこからあふれるものとつながりなさい。そしてそのあふれるきれいなものを表現していきなさい。」

    「そのためには、もっと自分の感情と向き合いなさい。ハートをもっともっと開いて、そこに詰まっているたくさんの感情を解放していかなければダメ」

    「そして、何かを学ぶのではなく、娘さんと遊んだり、自然にふれたり、きれいなものをみたり、味わったり。そういうことをした方が開くのが早い」

     

    突然言われたことに、もう、とにかくびっくり!!

    でも、ちょうどその頃、多くのヒーラー・チャネラーさんから、

    「もっとハートを開きなさい」と言われていて。

     

    ハートを開くというのは、どうやら当時の自分にとって、とても重要なテーマらしい。とうすうす勘づいていました。

     

    でもね、ハートってどうやって開くの???

    開けって言われたってよく分からないよ。

    今のハートが開いていないということすらわたしにはよくわからないのに!

     

    そんなことを悶々と考えながら、相変わらず、仲間たちとつるんだり学んだりする日々を送っていました。

     

    つづく。