札幌の瞑想教室 アトリエスイレン ロゴマーク
瞑想教室オーナー プロフィール写真
睡蓮の花
瞑想の風景
札幌の瞑想教室 アトリエスイレン 窓辺の風景
     · 

    こういう時こそ瞑想を!!

    北海道胆振東部地震より1週間が経ちました。

    被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

    9月29日(土)開催の合同瞑想会では午後の部の最初に大地の女神に祈りを捧げるプージャを行うことにしました。午前は行わないので、プージャに参加したい人は1日参加か、もしくは午後に参加してください。詳細はアメブロ


    わたし個人の話ですが、地震の翌日から気持ち悪い瞑想がずっと続きました。
    体感も居心地悪いし、雑念も「怖いよ〜不安だよ〜助けて〜死にたくないよ〜」というのばかりが溢れ、それだけで30分が終わってしまう。

    内側のエネルギーも揺さぶられて動いてるのか目を閉じるとぐわんぐわん気持ち悪い(汗)微妙な余震を感じてるのか?というのもあるのかもしれないけど、明らかに内側が動いています。

    瞑想、気持ち悪すぎ!!はっきり言って瞑想やりたくない!!

    ・・・なんてついうだうだ思ってしまうくらい(笑)

    でもでも、【もちろん】瞑想しましたよ〜
    これだけ動いてるということは、同時に自分の内側の大きなカルマも動いてるということだから!

    外側の世界は自分の内側とつながっているので、地震によって自分自身も揺さぶられます。
    当然、カルマも大きく動きます。
    しかも自分の奥深くに眠る、長い間見ないようにしてきた重たいカルマが動きます(汗)
    特に死と背中合わせの災害では第一チャクラ(グラウンディング〜生存に関わること、生死、生き延びること、ここにいてもいい、どこにいても守られているという安心感、生殖などに関わる)が揺さぶられます。
    第一チャクラに溜まったカルマは固くて解放に時間がかかると言われているのですが、そこががっつりと動きます。

    なので瞑想でものすごく見たくないような感情が出てきたり、居心地の悪い気持ち悪いものになったり。
    不安な気持ちがあふれ出てきて、怖いよ〜〜不安だよ〜〜〜という雑念だけで終わってしまうことも。

    今まで心地よくて、気持ちいい瞑想だったのにどうして?と思うくらい気持ち悪い瞑想になってしまうことも。

    当然起こってくるのです。


    上記のようになってしまうので、わたしみたいに瞑想したくなくなる人もいるし
    瞑想ができてないんじゃないか?と思い、しない人もいます。

    実際数名の生徒さんから「瞑想できない」「とてもする気になれない」という声も。。。

     

    でもでも、「こういう時こそ瞑想を!!」

     

     

    瞑想することであふれ出る不安や恐怖を解消していけます。
    大地と同調して瞑想することで、大地のカルマも一緒に解消していけます。

    同時に、自分の奥深くに眠るカルマを解消していくこともできます。

    そして何より、絶対的安心感の源である空と繋がれる!



    わたし自身は先週土曜朝くらいまで気持ち悪い瞑想が続きましたが、土曜の夕方に瞑想はじめたとき「あ、感覚が変わった!」というのがわかりました。
    「大丈夫だ」と。

    根拠ないけど内側から「大丈夫」という声が湧いてきました。

    そのあとSNSなどで大きな地震が近いなど、いろんな噂があちこちから聞こえてきたりしたけど、もう大丈夫。
    自分の中で確信があったのでブレることはありませんでした。

    もちろん、余震は続いてるし、水などの備えは引き続きしています。

    でも大丈夫。


    瞑想の一番いいところは、外に惑わされず、深い部分と繋がれること。
    深い部分の声が一番信頼ができます。

     

    この時期はいろんな人がいろんな発信をします。

    見てると、不安から発信する人も多いです。

     

    でも自分の深い声。それが答えです。


    震源地エリアに祈りを込めて瞑想を続けています。

    瞑想なんてこんなとき役に立たない、スピリチュアルなんて無用だ。

    そう思う人もいると思う。

    でも自分を整え、自分と向き合い、正直に、自分らしく生きること。
    それが震源から離れた地に住むわたしたちにできることなのかもしれません。


    このあと島牧で一緒に瞑想したメンバーと大地の女神に祈りを込めて瞑想します。
    みんなで思いを込めて瞑想します♪

    他の瞑想者さんたちも29日午後の瞑想会にぜひ参加してくださいね!


    そして、こういう時こそ瞑想を!!